【必読】狭小住宅は絶対後悔!?失敗事例&3階建てはNGか徹底検証

狭小住宅を建てる人が増えて、ハウスメーカー各社でも狭小住宅の取り扱いに力を入れるようになっています。

ただし、狭小住宅で失敗や後悔をしている人がいるのも事実。ここでは、狭小住宅の失敗事例や口コミ、改善点などについて見ていきましょう。

 

【狭小住宅】後悔・失敗事例まとめ!

狭小住宅を建てて後悔した人の失敗事例について、見ていきましょう。

子供が成長して狭くなった

子供が小さい頃には見込みが甘かった子供用のスペースが、成長するに従って予想以上に足りないことに気付く人は多いようです。

計画当初は子供部屋を作らない方針でいる人も、実際にはそうもいかないとなってくるという意見が出ています。

子供が成長してから必要になるスペースは、後々どこかと取り換えできるようにしておくといいかもしれません。

間仕切りをなくしたらエアンコンが効きにくい

狭小住宅の工夫でよくある間仕切りをなくす工夫ですが、現実には広々した空間にすることで冷暖房が効きにくくなるという事態に直面するケースが多いようです。音が響きやすいというのも、間仕切りをなくしたときに発生しがちな問題です。

ローコストな資材で安っぽく見える

家の本体自体はハウスメーカーの工夫で人並みの体裁を保てても、細かな部分での選択で見た目の安っぽさが露呈してしまうことがあるようです。

例えば浴槽をグレードの低いものにしたり、キッチンの壁面をビニールクロスにしてしまうなどはよくある失敗例です。毎日過ごすような場所の快適性には、特にこだわっておいたほうがよいでしょう。

 

【狭小住宅】3階建てで後悔!?おすすめの住宅の特徴は?

中には、狭小住宅の3階建てで後悔したというケースもあります。3階建ての狭小住宅のデメリットについて、チェックしておきましょう。

【狭小住宅】3階建てのデメリット

~上下の移動が大変~

2階と3階を行き来するようなときは問題ないものの、1階と3階の移動は正直疲れます。水回りを1階に持ってきて洗濯物は3階で干すというような場合など、特に不便を感じるでしょう。

~余計な費用がかかった~

3階建ての家にすることで、トイレの数を増やしたというケースは少なくありません。その分余計な費用がかかってしまい、2階建てにすればよかったと後悔することがあります。

~メンテナンス費用がかさむ~

2階建てよりも3階建てのほうが高さと延床面積が増えることから、メンテナンスの費用と手間が余計にかかることがあります。

おすすめ狭小住宅の特徴は?

おすすめの狭小住宅の特徴について、紹介します。

~移動にエレベーターを導入できる~

エレベーターを各階に設置できると、重い荷物を運ぶときや急いでいるときに重宝します。

高齢の家族にとっても便利で、二世帯住宅でもよくエレベーターが取り入れられるようになっています。

~冷暖房効率の工夫~

3階建ての家で冷暖房の効率に困る人は多いようですが、そもそもの造りを冷暖房があまり必要ないようにしておくと、一年を通して冷暖房があまりいらないようにも工夫できます。光熱費の節約にもつながり、一石二鳥です。

~メンテナンス費用が低価格~

独自の資材を使っているようなハウスメーカーの狭小住宅の場合、メンテナンスが必要になったときにも特定の資材を取り寄せる必要があります。

割高な費用になることもあるため、修理費用も抑えることができるところを選んだほうがコスト削減になります。

 

狭小住宅でも快適!広く見せる間取りのポイントは高さと間仕切り!

狭小住宅を広く見せて快適に暮らす間取りのポイントについて、紹介します。

間仕切りやドアを少なくする

間仕切りやドアがある分、スペースがとられるだけでなく閉塞感が出てしまいます。少しでも開放感を出すためには、間仕切りやドアを取り去ってしまうのが効果的です。

そのぶん冷暖房が効きにくくなることがあるため、採光や風通しをよくするとよいでしょう。

中2階を作る

狭小住宅というと3階建てにするタイプが増えてきていますが、中2階を作るのもスペースを増やす一つのアイディアです。

上のフロアにキッチンを配置すると、いつでも中2階のフロアが見渡せて家族間のコミュニケーションがよくなるようなメリットも出てきます。

インナーガレージで上階の眺望をよくする

エントランスにガレージを設けると、その分スペースが必要になります。

インナーガレージにすれば、住宅の面積を増やせるうえにガレージ上のフロアの眺望が新鮮です。大きな窓をつけて、より開放感を出すのもよいでしょう。

 

狭小住宅の後悔しない間取りはこちらもおすすめ↓

【坪数別】狭小住宅なのにHAPPY♪おしゃれに彩る!おすすめ間取り5選
狭小住宅は、いかに暮らすかで快適度が違ってきます。 おしゃれな狭小住宅にするためには、間取りやインテリアで工夫をしてみるのがおすすめです。 ここでは、狭小住宅をおしゃれに彩るための間取りについてお話します。 【狭小住宅...

 

狭小住宅の口コミ!

ここで、狭小住宅を実際に建てた人の口コミをチェックしておきましょう。

悪い口コミ

大型家電や家具を購入したくなったとき、サイズであきらめることが増えてきました。問題は搬入で、せめて窓を大きくとっておけばよかったと後悔しています。

見た目にはこだわらなかったはずが、屋根のデザインや薄さには閉口しました。モデルルームを見学したときにもっと注意すべきでしたが、ハウスメーカーの方もその点にはあまり触れないようにしていたのかもしれません。

良い口コミ

3階からの見晴らしや日当たりがよくて、大満足です。風通しにも工夫してもらったので、以前よりだいぶ冷暖房費が浮いています。

リビングとキッチンと上のフロアに持ってきたことで、明るい光を浴びながら家事ができるようになりました。前の家は水回りのカビに悩まされていましたが、そんな悩みがなくなりました。

思い切って間仕切りを取り去ったので、家族が同じ空間でコミュニケーションを取りやすくなりました。プライベートな空間がほしくなるかと思ったものの、どこでも快適なせいか他の人から見える場所でも集中するのが上手になったようです。

フロアによって目的を分けたので、生活にメリハリが出てきました。どこでも似たようなフロアだと散らかりがちでしたが、スペースの目的が明確になってきれいにしておこうという意識も高まりました。

まとめると

狭小住宅にデメリットを感じている人の口コミには、荷物の搬入に困る、見た目で不満が出てきたということが多いようです。

狭小住宅にメリットを感じている人に多いのが、明るく風通しの良い環境で過ごせるということ。

気持ちよく家事ができるようになったり、家族間の仲がよくなったと感じる人も増えています。

 

まとめ

狭小住宅はスペースや予算を抑えて家づくりをすることから、失敗しても改善するのが難しく後悔度が高くなってしまうこともあるようです。

計画の段階では何度もチェックをして失敗のない狭小住宅を目指しましょう。

 

狭小住宅の価格や坪単価の相場はこちら↓

狭小住宅なのに価格が高い!?原因は複雑な間取りにあった@坪単価の相場も丸わかり
一般的には、費用を抑えたい人が注目する狭小住宅。 ところが、実際に建ててみたら予算オーバーしてしまったというケースも珍しくないようです。 そこでここでは、狭小住宅なのに価格が高くなってしまう原因と改善法について紹介します。 ...